算命学というもの

  • 2018.04.09 Monday
  • 23:11

ある道教のお寺さんで新たに大きな仏像「玄武」をおまつりし、開瞳式(カイコウシキと読みます。中国では開眼式のことをこう呼ぶのだそうです)を致しました。

 

その時に呼ばれて参加なさっていた中に、九州大学で「占い」の研究をなさっている教授の方がいらしたそうです。

「本当の風水とはどういうものなのか」

「本当に良い占い師とは?」

 

周囲からの様々な質問に、その方は的確に答えていらしたそうです。

 

そこで、ある方が「算命学のことはご存知ですか」という質問をすると、

「聞いたことがない。どんな字を書くのですか?」と、逆に訪ねていらしたそうです。

 

算命学が日本に入ってきた経緯からすれば無理もない話ですが、何となく……算命学は表舞台に出してはならない学問なのではないか……というふうに思いました。

 

中国の殷の時代から脈々とわずかの人によって受け継がれ、危険があれば山に隠れるなどして現在に至る算命学。

今のように、誰もが自由に学べる時代など、過去にはなかったはず。

 

そう思うと、長い算命学の歴史からすると、算命学にとっては今が異常事態なのかもしれません。

 

算命学から「淘汰」されぬよう、日々精進を続けたいと思いました。

「努力が足りん!」とおしかりを受けそうな……汗汗

スポンサーサイト

  • 2018.04.21 Saturday
  • 23:11
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    WEB予約

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 長嶋政権支えた元巨人コーチが「シニアモデル」デビュー
      絹山恭子 (08/27)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM