占いサイト ウラッテに千祥院が掲載されました!

  • 2018.03.27 Tuesday
  • 15:38

こんにちは!千祥院 園田です。

先日、「ウラッテ」さんに千祥院が掲載されたというお知らせをさせて頂きましたが、園田の不手際で不備がございましたので、再度お知らせをさせて頂きます。

下記にて掲載されております。

 

 

【東京・品川】算命学といえば千祥院 園田恵子先生ナシでは語れない!! | 占いマガジン ウラッテ

 

占いマガジン ウラッテ

 

【東京・品川】算命学といえば千祥院 園田恵子先生ナシでは語れない!! | 対面占い・電話占いガイドMy占い

 

対面占い・電話占いガイドMy占い

 

これまでと変わらず、千祥院を必要としてくださる方々との関係を大切に、丁寧に対応してまいりたいと考えております。

これからも「千祥院」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

千祥院 園田恵子

 

 

小池百合子氏のシャンシャン名前発表に…(算命学より)

  • 2017.12.23 Saturday
  • 16:45

『「きっかけは9月25日に都庁で行なわれた命名式です。名前は都知事や動物園園長からなる選考委員会が一般公募の中から選びますが、これまでの慣例は選考委員一同での発表でした。ところが今回は、都知事1人で名前を発表したんです。シャンシャンを育てている私たちに失礼ですよ」(動物園関係者)

 選考委員の1人も、憤りを隠せない様子で語った。

「私には命名式の連絡は来ていませんよ。園長は呼ばれていたのですが、命名式には出席できず、その後の記者会見からの参加でした。しかも腹立たしいことに、その会見の約30分後に小池さんは都庁で『希望の党』結党会見を行なった。シャンシャンを党の“客寄せパンダ”にしたとしか思えない。おまけに小池さんは命名式以降、(公開前日まで)上野に来なかったんですよ!」

 都に聞くと、「選考委員の協議後に(パンダの所有者の)中国との協議などもあり、発表まで日が空いてしまった。わざわざ命名式のために選考委員をお呼びたてすることは考えておりませんでした」との説明だった。』

 

なんだか、あちこちぶつかる方ですね。

最近の評判はあまり良いものがありません。

 

小池百合子さんの今年の運勢、確か、「年の後半で、思うようにいかない、納得のいかないことが多く、ストレスが大きくなる」というように見ていました。

一年前、予見を立てた時期は、まだとっても勢いがあった頃なので想像しにくかったのですが、やはりそうなるのだなと改めて思います。現在は月の天中殺。いつもの慎重さにかけ、ラフに現実面の行動を起こしてしまう……

それで反感を持たれてしまったのですね。

 

来年のこの方の運勢……も、厳しいといえます。

何をやっても思い通りに進まず、制約が多くて動くに動けない。

そして、人や政府とぶつかることもありそうです。

 

なかなか人気回復、という訳にはいかなそうですね。

 

それではまた。

 

【MLB】大谷翔平が入団会見!

  • 2017.12.10 Sunday
  • 12:55

 日本ハムからポスティングシステムを利用してメジャーに挑戦する大谷翔平選手が9日(日本時間10日)、エンジェルスの本拠地エンゼル・スタジアムで入団会見を行いました!

 

スマートで、ほんとかっこよかった!

以前、彼を「持ってる男」としてブログに書かせていただきましたが、やはり、持ってましたね〜〜〜手

 

改めて星を拝見いたしました。

今まで他の人が取り組んだことのない未知の分野に飛び込んでいく、そのことがこの方の心の安定、また守護神となっています。


観察力と分析力に優れ、現状を正確に把握しながら一つ一つ確実に対処し、人間関係でも相手の長所や短所、心の中をしっかり分析していきます。


いつも落ち着き、不変性を第一に考えますので、周りにはスピーディさに欠ける人という印象を与えがちですが、一つのことに関心を持ったらその先を極めなければ気が済みません。

 

そんな心理で、人の力を借りずに社会に突き進んでいく……

やっぱりファンになっちゃいますよね〜〜!

 

挨拶の最後には「最後に1つだけ、今日、マイク・トラウト選手の結婚式がありますので、結婚おめでとうございます。一日でも早くエンゼルスの選手の皆さんとお会い出来るのを楽しみにしています」と“気遣い”も見せ、再び会場をわかせました。

 

いや〜〜〜、こんなチャーミングなコメントをしてみたいものです!

あ、運勢としては大運天中殺に入って3年目。この勢いはだれにも止められない状況に入ってきています。

 

メジャーでの活躍、楽しみにしています!
 

役所広司さんにレジェンド賞!

  • 2017.12.04 Monday
  • 22:58

 「シンガポールで2日、アジア映画を集めたシンガポール国際映画祭の授賞式が開かれ、俳優の役所広司(61)がアジア映画への貢献者に贈られる「シネマ・レジェンド賞」を受賞した。

 映画祭の主催者によると「その才能と際立った業績でアジア映画に活気を与えた」ことが授賞理由。役所は「映画『Shall we ダンス?』での演技で観客から親しまれた」などと紹介された。」

 

ふう〜〜ん……と思ってこの方の星を拝見したら、やはり強運の持ち主ではありますが、今年は令の『納音』の年でありました。

そう、『納音』の意味合いとして、「手の届かないものに手が届く」…ということもあったのです。

 

転んだりしないで、こういう意味合いに使いたいな………クッキーモンスター

頑張ろうっと。

 

 

マツコ、体調回復でも「復帰時期が遅れる」…

  • 2017.11.18 Saturday
  • 11:25

割合、整った宿命をされた方で、これまで「守護神」の中で活躍をされていらっしゃいます。

 

ただ、それほど強いエネルギーの持ち主ではありません。

今回のことは、良い休養となったのではないでしょうか。

 

今年に関しては一番の守護神が傷んで、今までにない喪失感、納得がいかない、理想とのずれ……などを感じ、心に大きな葛藤を抱えていらっしゃるような状態です。

 

なので……、ちょっと立ち止まって考える時間を頂けたというのは必要であったし、「神様からのお知らせ」だったのかもしれません。

 

今年に限って、(頑張ってしまう)強い星が回っているので、焦りを感じるかもしれませんが、この「時間」を大切にしていただきたいと思います。

 

 

 

日馬富士、貴ノ岩に暴行

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 15:17

こんな時、算命学では、加害者はもちろん、被害者にも問題があると考えます。

二人の宿命を出してみました。

 

日馬富士は、人気運もあって闘争心も強い人。その闘争心が相撲に向かう時は「強さ」となりますが、「短気を起こす」とマイナスです。

現在天中殺中で、怪我も多く、心の葛藤もかなり強い時期でした。この「心の葛藤」は本人にしかわかりませんし、本当に辛いものがあります。

更に、我の強い独立心旺盛な後輩が本人を剋す形となっています。これも辛いですね。

 

一方、貴ノ岩は、これも猪突猛進、かなり自己中心的な面を持ち、思ったままの行為行動になってしまう。

そして、子丑天中殺。先輩からは剋される形となっていますが、「なにくそ!」という気持ちも強い。

 

子丑天中殺は「目上剋し」と言われ、無意識ながらも目上に強く当たるのです。

そこに日馬富士はイラっと来たのでしょう。

 

天中殺の後半に出てきた「目下の星」によって、大きな禍を招いてしまいました。

どうなっていくのでしょうか……

 

 

 

 

 

羽生結弦選手 転倒

  • 2017.11.09 Thursday
  • 23:00

今日は、あっという間の一日でした。

癒し、緊張、出会い……すべての事柄に感謝です。

 

ところで、今ニュースを見たら羽生結弦選手が練習中に転倒したとか……

 

羽生選手の今年の運勢、今までの活躍度が逆転する……という条件が付いていました。

 

12月にお誕生日を迎えて23歳、まだまだ若いです。

 

もう少し活躍していてほしい……との願いを込めて、信じたくはありませんが、やはり、星はうそをつかないのだと……

 

先ほどいらしていたお客様とそんな話をしたばかりでした。

 

でも、あの美しい演技をまた、観ることができたら……と、やはり思ってしまいます。

墜落事故!

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 20:27

今日は群馬県でヘリコプターが墜落し、4人の死者を出すという事故が起きましたが、昨日も、元プロ野球選手で名投手でいらしたロイ・ハラデー氏の操縦する小型機がフロリダ沖に墜落し、40歳の若さでこの世を去りました。

 

なんで2日続けて…と思って気学の盤を見ると、11月は、6白暗剣の上に4緑が同会し、飛行機事故が起きやすい時となっていました。

 

昨日、立冬を迎えて……と申しましたが、暦の上では11月に入ったばかりでした。

ということは、今月はまだ同じような事故が起きるかもしれません。

 

ところで、今日はその、名投手として名を挙げ、昨日40歳という若さで亡くなったロイ・ハラデー氏の運勢を見てみたいと思います。

 

この方は、一番欲しい守護神が宿命にはありません。

ところが後天運で10代半ばからその守護神が回って、それで運を上げたのです。

 

現在は33歳からの納音の10年をあと2年残すところとなっていました。

そしてそれは、ご自分の2年間の戌・亥の天中殺の年。

 

さらに言えば月では10〜11月が天中殺なので、月の天中殺中の出来事でした。

そして、ありがたかった守護神はすでに姿を消しています。

 

『納音』は、それまでの人生が陽ならば、そこからは陰となります。

もちろんその逆もしかりです。

 

『陽』が大きすぎたらそれなりの『陰』がやってきます。

きっと素晴らしい選手だったのでしょう。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

松坂大輔さん、戦力外通告……

  • 2017.11.04 Saturday
  • 20:47

ソフトバンクとの3年契約を今年で終え……ということは、その3年契約を結んだのはこの方の天中殺中。

 

決して良く考えて決断をした、ということではありませんでした。

そして、中々良い結果に結びつかないのも無理はありません。

 

もう一度、他球団で試してみるのも悪くはないのですが、変剋律大運が終わりを迎え、今年は大きな節目の年。

 

そして、来年からの10年間は整った上格の宿命に戻ります。

 

現役を離れて違う分野でも、この方らしさを生かして目立った活躍ができるはずです。

 

でも陰占に金性の多い方。金性は行動力、攻撃本能を意味します。

 

多分、やりつくした感がないんだろうな……

 

  関連画像

ラミちゃん!…の運勢

  • 2017.11.02 Thursday
  • 22:23

やっぱり……

そうじゃないかな〜〜〜って思ったんです。

 

そう、ラミちゃんは申酉天中殺、つまり現在天中殺中。

 

で、何のことを言っているのかっていうと、日本シリーズでソフトバンクと闘っているDeNAの強さを見るには、監督であるこの方の運勢をまず見るべきなのですが、今日の対戦で思いのほか粘っているDeNAを見て、ちょっと興味がわいてきたのです。

 

リーグ優勝した時も「えっ‼?」って思ったのに、日本シリーズもしっかり盛り上げています。

 

こんな時は必ず何かある。

 

この方は生月天中殺でもあるので、「最大の受け身」になった時は「向かうところ敵なし」の強さを見せるときがあります。

 

ファンのために、選手のために、と思えば思うほど知恵が働く……采配がさえてきます。

 

誰をも惹きつける笑顔がチャームポイントのラミちゃん。

 

福岡に移動後も目が離せません。

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

WEB予約

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 長嶋政権支えた元巨人コーチが「シニアモデル」デビュー
    絹山恭子 (08/27)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM