小松靖アナ「テレ朝の…」セクハラ報告に対する自社の対応を反省

  • 2018.04.21 Saturday
  • 17:50

『「女性記者のセクハラ被害」へのテレビ朝日の対応について、同社の小松靖アナウンサーが、「テレ朝の信頼は地に落ちた」「一から出直さないといけない」と反省や決意を述べた。4月19日にネット放送された「AbemaTV」の報道番組での一幕だ。

財務省の福田淳一事務次官をセクハラ疑惑をめぐり、テレビ朝日は19日、自社の女性記者が被害者を受けていたと記者会見で明らかにした。

この問題が週刊新潮で報道される前、社員からセクハラの情報があったにもかかわらず、「適切な対応ができなかった」と謝罪。テレビ朝日のこの対応に、批判の声も上がっていた。』

 

小松靖アナのこの発言がネット上で多数の賛辞を集めているのだそうですが、これについては東京新聞にも書かれていました。

 

気になったのが、『そんな状況下、ネットの興味は小松氏が粛清されないかなど人事をめぐるおせっかいな話にも広がりを見せている』というくだり。

 

どうなんだろう…と、気になって星を調べてみました。そしたら……

 

この方も(最近よくお見掛けする)申酉天中殺の代表格。

更には宿命全体がブラックホールになっています。(異常性の塊)

そして今年の「戊戌」も異常干支です。

 

そして大運で「結果が完全破壊」となる10年を迎えたばかり。

「自己確立」はまだまだ先になりますが、黙っていられないんだろうな………

 

『平和な環境』には不向きな宿命です。

ですから現在のポジションは、この方には合っていると言えます。

それと、いられるかどうかとは別の話ですが、すぐにどうこうということはないと思いました。

 

算命学 五行の質から見た「食べ物」その3

  • 2018.04.21 Saturday
  • 00:06

野菜・果物・青物類を多食する人は、食べ物そのものが癌体質になることを防ぐ働きを持っています。

東方の世界に属す食べ物は、人間の「守備力」を増すものになるのです。

 

人間が「守備力」を発揮するようになりますと、その人の「動き」が少なくなります。

野菜は、消化するのに時間がかかります。その為に、多少酵素が少なくても呼吸法が悪くても時間をかけて燃焼させていきますので問題になりにくいのです。

 

急いで完全燃焼をさせる必要がなく、ゆっくりと時間をかけた自然の完全燃焼なのです。

燃えカスはあまり出ず、毒素も身体が呼吸することはないのです。

 

しかも「守備力」は動きが少なくなりますので、エネルギー消耗も少なくて済みます。

エネルギー消耗が少なくて済みますと、全体的に効率的な状態となります。

 

但し、欠点は覇気がなくなり、守り型の人生になることです。

長所は最も癌にかかりにくくなることです。

 

 

これで「五行の質から見た食べ物」を終了します。

次回、算命学「宿命と日頃の行為行動」について書かせて頂きます。

 

今日は遅くなっちゃいました。お休みなさい。

新潟知事米山隆一氏、辞表を提出

  • 2018.04.19 Thursday
  • 13:26

なんともお粗末な話です。

モリカケ問題と言い、福田財務次官の辞任と言い、麻生さんのコメントと言い、「日本は、いつ、どこに品性というものを置き忘れてきてしまったのか」という感じです。

 

安倍さんも……特に昭恵夫人もです。

トランプ大統領ご夫妻との会食の前(?)に撮られた映像の中で、彼女の両手は広げたままテーブルの上に置かれていました。

 

注意できる方も周囲にいらっしゃらないのかもしれませんが、彼女は日本を代表するファーストレディーとして赴いているのであって、(多くは語りませんが)本当にがっかりです。

 

そして新潟知事を辞職された米山隆一氏。

なんだかね〜〜〜〜……、園田としてはマスコミの質問の内容も含め、ちょっと次元が低すぎてこれもがっかりです。

 

そもそも、なぜこの方は東大医学部を出られて医師でもあり、弁護士の資格も持っていらっしゃるのに、政治の世界に足を踏み入れてしまったのでしょうか……

算命学で星を追ってみることにしました。

 

まず、この方は「申酉天中殺」の代表格。じっとしているのが大の苦手です。

そしてさらに生月天中殺。いつも足元が揺れているので、どんな世界にいても時経たずして「違うんじゃないか」と思ってしまう。

 

そうして政治の世界に足を踏み込んだのも、新潟県知事となられたのも天中殺の年でした。

 

「もお〜〜〜、一言聞いてよ〜〜〜〜ゆう★汗」って感じです。突っ走ったまんま……

 

今年はやっと回ってきてくれた守護神が変化してしまい、厳しい年になりました。

これから大事なことは、信頼できるパートナーを得ること。

父との関係を振り返ること。

ご自分を信じること。

すぐに動かず、我慢してみること。

 

この4月は、ある意味どなたにとっても「転機」という意味があるのです。

そんな時は、良くも悪くも考えさせられるような出来事が起こるものです。

 

それを「お知らせ」と捉えて良い転機とするか、ただ「大変だった」と思い過ごすかは、その方次第……ということになります。

 

良い「気付き」がありますように!

 

 

福田淳一財務次官の生年月日

  • 2018.04.19 Thursday
  • 12:19

この方も調べなければ……と思ってWikipediaを見てみたらまだ、生年月日が載っていませんでした。

どなたかご存知の方がいらしたら、お教えください。

 

よろしくお願いいたします。

江南苑が……

  • 2018.04.18 Wednesday
  • 14:44

よく使わせて頂いていた、千祥院の真向かいのビルに入っていた中華料理屋さん。

(そう、昨年の忘年会を開催した、あのお店です)

 

お正月過ぎてからも、おじさん(親しみを込めてそう書かせて頂きます)一人で頑張っていらしたんです。

込んでいるときはお客様の方が、お料理やお皿を取りに行ったりして……(そうしてお客様同士も仲良くなったりしていました。)

 

とても気持ちの良い方だったので、自然とみんなが助けてあげたい気持ちになったんだと思います。

 

でも、ここの所ずっと御店が閉まっていて、ちょっと気になっていたんです。

 

昨日もちょうどお昼過ぎに外に出たものですから、お店の前に行ってみましたら張り紙がしてありました。

「店主の都合により、しばらくお休みさせて頂きます。長い間ご愛顧いただき、ありがとうございました。」

 

え〜〜〜〜っ!もう会えなくなっちゃうのぉ〜〜……

なんかすっごくショックでした。

 

連絡のしようもなく、帰ってきてくださることを祈るばかりです。

美味しかったのに……

算命学 五行の質から見た「食べ物」その2

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 19:51

それでは食べ物を五行の質に分けると、どのようになっているのでしょうか。

 

北方=水の質…食べ物では水分

南方=火の質…食べ物では熱源

東方=木の質…食べ物では野菜・果物・青物類

西方=金の質…食べ物では肉類・魚介類

中央=土の質…食べ物では五穀・芋類

 

このように人間が口にする食べ物も、質によって方向が定まっているのです。

この方向から考えますと、西方の食べ物が人間のがん体質を促進させる要素があります。

昔から西洋人はお肉を食べることが多く、大腸がんになることが多いと言われています。

 

また、西方の肉類の質は、人間の「攻撃性」を増すものでもあります。

人間がなぜ攻撃性を必要とするかと言いますと、それは「行動力」という意味にもなり、人よりも遅れているときに一歩でも早く進まなくてはならない環境になりますと、攻撃性の必要性が出るのです。

 

それと同時にエネルギーの消耗度も高くなってきます。

当然、肉類を多食する人は、エネルギッシュになる、攻撃的になる、更には美食家になる人も出てきます。

 

しかし、せっかく攻撃性を発揮しやすい食べ物を摂取しても人並み以上に働かなければ逆に体調を崩してしまうのです。

また、肉類を多食する人ほど、呼吸法で完全燃焼をしていかなければなりません。

そうすることによって、肉類を多食しなくてもエネルギーが十分に摂取できるようになり、結果的に肉食が少なくなっていきます。

 

(続)

五行の質から見た「食べ物」

  • 2018.04.16 Monday
  • 17:49

算命学から見ても食べ物は非常に重要な要素であり、大きな影響を持つものです。

 

東、西、南、北、中央という方向で観た場合、人間は、他の動物と違って動物界の中心に位置するものと考えます。

 

中央にあるものは、食事も偏ることができません。

「燃料」という意味でも様々なものを補給しなくては、効果的に燃焼しないのです。

 

実際に人間の食べ物は、海、山の産物、大地からの産物等、実に多種多彩です。

本来、それだけどのような物も摂らなくてはならず、一つの分野(食べ物)に偏る訳にはいかないのです。

 

しかしながら、人間は環境によって不思議なほど、食べ物に偏りが生まれます。

そして好き嫌いもはっきりと現れます。

 

そこで呼吸法も深く完全に酸素を身体の隅々まで取り入れない人がいつでも同じ食べ物に偏った生活をしていると、同じ種類の燃えカスばかりが身体に蓄積されていくのです。

 

(続)

お笑いで権力斬る芸人 松元ヒロさん

  • 2018.04.15 Sunday
  • 12:54

………という方が東京新聞に大きく取り上げられていました。

 

「政治風刺が敬遠される日本のお笑い界で、安倍政権の矛盾をこき下ろし、爆笑をさらっている」のがこの方だそうです。

代名詞は「憲法くん」。

 

「テレビには尻込みされても、ライブは全国で引っ張りだこ」と書かれていたので、早速YouTubeで診てみましたら、とっても面白い!

 

こういう方の宿命は、大体が「壊し屋さん」なのです。

拝見してみるとやっぱりそうでした!

 

社会に対して納得がいかないことがあり、ご自分が正義と思えばその「社会」をターゲットとして大きく壊していくエネルギーの塊となります。

だから現在、とても生き生きとしていらっしゃいます。

 

だって、どこから見たって今の安倍政権は「正義」には見えないでしょう?

 

亡くなられた立川談志さんや永六輔さんとも親しくしていらして、永さんが病床にいらしたときに「九条をよろしく」と託されたそうです。

 

近々、東京近辺でもライブをなさるようです。

チケット、取ってみようかな………

 

千祥院 予約システム あれ??

  • 2018.04.14 Saturday
  • 17:17

昨日、千祥院の「24時間予約システム」ができたのに「携帯で機能していない」とお伝えしましたが、いつの間にか機能していました!

 

今日いらした生徒さんお二人に試してみて頂きましたら、ちゃんと使えておりました。

あ〜〜〜〜っ、良かったぁ〜〜〜……kyu汗

 

本当に機械オンチはいつまでたっても治らないのです。

でも、助けて頂きながら、何とかここまで命をつないでおります。

感謝、感謝………

千祥院 予約システム

  • 2018.04.13 Friday
  • 20:17

こんばんは。今日はお知らせです。

 

本日、「千祥院」のHP、ブログのサイトから24時間お申し込みができる予約サイトができました。

ところが……

 

携帯からは入ることができないという事態になっております。

何とかそこを改善したいと思いますが、少しお待ちくださいませ。

 

今後とも千祥院をどうぞよろしくお願いいたします。

急成長FB、ザッカーバーグ氏 曲がり角……

  • 2018.04.12 Thursday
  • 18:13

「FBのザッカーバーグ最高経営責任者が、米上院の公聴会で情報流出問題について謝罪を繰り返した」……

 

この方は2004年、学生時代にFBを始めたのだとのこと。

名誉・仕事の取り合いには強い星をお持ちですが、たぶん、大運天中殺が動き始めていたのでしょう。

 

昨年、始めた年と同じようなパターンとなっていました。

きっと、どこか改めて、再出発の必要があるのだと思います。

 

「狂気半会」の持ち主です。

これまで「地に足がつかないような」上昇を続けてきてしまったのでしょう。

 

今回の問題で、気の上では「助けられた」ことになるのでしょうね。

 

どうでもいいかもしれないんですけど、マーク・ザッカーバーグが証言の場で座っていた椅子のクッションがめちゃくちゃ分厚い

 

 

干支各々の意味 第55番『戊午』

  • 2018.04.11 Wednesday
  • 18:33

よくもまあ、あんな不誠実な答弁ができるものだと感心してしまいます。

安倍総理への信頼が失墜してしまうのも仕方がない……とつくづく思ってしまいます。

お隣でニタニタなさっている麻生財務大臣も……

 

今日の国会中継、たまたま見てしまいましたが、不愉快な思いが残ってしまいました。

あれが国を代表する方たちなのかと思うと、とても残念な気持ちです。

 

今日の干支は、第55番『戊午』。園田にとってはご縁のある干支です。

 

====================================

 

性格の特色は寛大さにあり、よく世の中の常道を守る。

貴賤の両面を所有し、幅広い段階に通じる感覚を持ち正論を表出する。

 

気運は静にして強、闘争、戦いの中に身を置けば卓越した力量を発する。

平和な時になれば温厚な人となり、戦いを知らぬ人のように見える。

 

有形の知恵は相当に深いものがあるが、老年に達し現実社会より一歩後退したときに真価を発揮する。

 

しかし自己を崩さない頑固さが、時として変人奇人を形成することになるが、高い教養を身に着けることによって知性のある頑固さとなり、自我の表出に出処進退を心得るエネルギーとなる。

 

その時に真のエネルギー価値が生まれ、新しい世界を作り出す運気となる。

 

 

日干支が『戊午』の方:市村正親さん、IKKOさん、風吹ジュンさん、加藤茶さん、高畑充希さん、葉月里緒奈さん、勝野洋さん、小野文恵さん、逸ノ城駿さん、道場六三郎さん等々。

 

(次回は、第56番『己未』)

天中殺中に思わぬ財が入った時、出た時……

  • 2018.04.10 Tuesday
  • 20:47

例えば、過去にご自分が他人に奉仕をした…そしてそのことで天中殺中に思わぬ財が入ったという場合、「半分自分のものになればよい」という感覚になってほしいのです。

 

人から頂くことは全く差し支えありません。入ってくるものを拒む方が逆にマイナスが大きくなります。

人が下さるというものは決して拒まず、天中殺中は素直に頂いたほうが良いのであまり遠慮はなさらないことです。

 

そんな時「半分頂けばよい」という感覚で、半分を家族や知り合いなど、周囲の方にばらまいてあげるというのが、天中殺の禍を消す方法になるのです。

 

自分一人で全部抱え込もうとするとその財が逃げていくことが多いのです。

 

次に「思わぬ財が出たとき…」です。

この場合は、その財を追いかけないことです。

 

例えば10万円出さなければならないところ、5万円にケチるとよくないのです。

それが裏目に出ることが多く、思い切って出した方が結果として良い事になります。

 

天中殺に思い切って出したものは、天中殺中には返ってきませんが、過ぎてから戻ってくることがあります。

思わぬ財が出たときは「自分の人生に対して恩徳を積んだ」と考えてください。

 

宿命天中殺をお持ちの方は、上記のことが「財に関して」の人生を通じての「生きるコツ」となっています。

お持ちの方、過去を振り返ってみると思い当たることがあるのではないでしょうか。

算命学というもの

  • 2018.04.09 Monday
  • 23:11

ある道教のお寺さんで新たに大きな仏像「玄武」をおまつりし、開瞳式(カイコウシキと読みます。中国では開眼式のことをこう呼ぶのだそうです)を致しました。

 

その時に呼ばれて参加なさっていた中に、九州大学で「占い」の研究をなさっている教授の方がいらしたそうです。

「本当の風水とはどういうものなのか」

「本当に良い占い師とは?」

 

周囲からの様々な質問に、その方は的確に答えていらしたそうです。

 

そこで、ある方が「算命学のことはご存知ですか」という質問をすると、

「聞いたことがない。どんな字を書くのですか?」と、逆に訪ねていらしたそうです。

 

算命学が日本に入ってきた経緯からすれば無理もない話ですが、何となく……算命学は表舞台に出してはならない学問なのではないか……というふうに思いました。

 

中国の殷の時代から脈々とわずかの人によって受け継がれ、危険があれば山に隠れるなどして現在に至る算命学。

今のように、誰もが自由に学べる時代など、過去にはなかったはず。

 

そう思うと、長い算命学の歴史からすると、算命学にとっては今が異常事態なのかもしれません。

 

算命学から「淘汰」されぬよう、日々精進を続けたいと思いました。

「努力が足りん!」とおしかりを受けそうな……汗汗

石田泰尚(バイオリン)、三浦一馬(バンドネオン)、山田武彦(ピアノ)

  • 2018.04.08 Sunday
  • 22:07

今日はみなとみらいまでチャリティーコンサートを観に出かけました。

演奏なさっていたのが、上の3人。

 

タイプがそれぞれ違う……って思って、生年月日を探しましたが、ピアノの山田武彦氏のみわかりませんでした。

(この方は、ソリスト、伴走者として押しも押されもせぬ実力派でいらっしゃいます)

 

それでバンドネオンの三浦一馬氏とバイオリニストの石田泰尚氏の宿命を比較してみることにしました。

 

石田泰尚氏は、以前にも取り上げさせて頂いたあの「石田組」の組長さん。

実力は抜群なのに加えてとってもお茶目。

思わず「追っかけて」見たくなるパーソナリティーをお持ちです。

 

三浦一馬さんは、ご両親がピアニストという音楽一家に生まれ、バンドネオンで1990年生まれという若さにもかかわらず、いくつもの賞をお取りになっていらっしゃいます。

 

三浦一馬さんは「人気の星」が横並びに3つ。輝き出したらたくさんの人を惹きつけていきます。

石田泰尚さんは「人気の星」は全く表出しておらず、音楽での自己表現が楽しくて仕方ないという感じです。

 

そして、年齢差が17歳。

音色やテクニックに「色気」が醸し出されるということがあると思うのですが、そこが全く違う、と感じました。

 

やはり、そこにかけてきた「時間」はうそをつかないのですね。

またいつか、演奏を聴いてみたいと思います。

 

今日ご一緒してくださったお二人、有難うございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

WEB予約

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 長嶋政権支えた元巨人コーチが「シニアモデル」デビュー
    絹山恭子 (08/27)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM